So-net無料ブログ作成

紅葉 ~京都~ [Kyoto]

前回の予告ではボルドーの紹介予定でしたが、今回はちょうど見頃の京都の紅葉について紹介したいと思います。

先週、3連休の前日(11/20・金)、京都へ母と紅葉を見に行って来ました。3連休中は混雑しそうだったので、有給を取って平日に行くことに。それでも、どこも混み込みでした。前日から風邪をひいてしまい、一旦は諦めてたのですが、当日の朝、熱はなかったので行くことにしました。

紅葉を見に行くのは7年振り...。ほぼ毎年紅葉のこの時期に、フランスやヨーロッパ方面へ旅行してたので、ずっと行きそびれていました。今年は旅行に行かなかったので、代わりに京都へ紅葉を見に行きたくなって、急遽母を誘って一緒に行ってきました。

当日の朝、インターネットでちょうど見頃の紅葉の名所を調べ、東福寺、泉涌寺、高台寺へ行くことにしました。

東福寺は約10年前にも紅葉を見に行ったのですが、見頃より少し早過ぎたので、今回リベンジしようと...。泉涌寺は今回が初めて...。高台寺は行ったような行ってないような...、記憶が曖昧なのでとりあえず行ってみることに...。

自宅の最寄り駅からは、南海高野線、地下鉄御堂筋線を乗り継ぎ、京阪電車で「東福寺」駅へ。

まずは東福寺へ...、徒歩10分くらい。

途中、お寺(?)にあった可愛いお地蔵さん達。

 DSC07558.jpgDSC07562.jpg

★東福寺

東福寺は、京都五山の一つで、京都を代表する紅葉名所として知られています。

ここ↓が東福寺の有名な紅葉の名所...臥雲橋から見た通天橋

 DSC07573.jpg

(11月22日付の朝日新聞に、これより1日後のほぼ同じ構図(縦)の写真が掲載されていました...)

朝から晴れ[晴れ]ていたのに、駅から歩いてる間に曇り[曇り]に...[がく~(落胆した顔)]。晴れていたら、もっと美しかったことでしょう。これでも、以前訪れた時よりは、十分紅葉していて綺麗だったので満足でした。

臥雲橋から伸びる通路。平日の昼間なのに、すごい人出...。

 DSC07578.jpgDSC07579.jpg

今度は反対に、「通天橋」からみた「臥雲橋」

 DSC07564.jpg

通天橋の真下

 DSC07567.jpg

通天橋からつながる、開山堂へ...

 DSC07572.jpgDSC07574.jpg

通天橋下の渓谷・洗玉澗へ...

 DSC07584.jpgDSC07580.jpg

 DSC07601.jpgDSC07602.jpg

  DSC07595.jpgDSC07597.jpg

まだ所々、緑の葉が残っているところもありましたが、赤、オレンジ、黄...とカラフルな紅葉の様子は美しかったです。紅葉の落ち葉も綺麗でした(撮らなかったけれど...)。

東福寺から泉涌寺へ...徒歩約30分

★泉涌寺

まずは、泉涌寺境内を入ってすぐ横にあった楊貴妃観音堂へ

 DSC07590.jpg DSC07592.jpg

楊貴妃は唐の玄宗皇帝の妃で、"絶世の美女[ぴかぴか(新しい)]"として知られています。ここでお参りして、珍しい「美人守」があったので買ってみました("美人"になれますように...!)。

泉涌寺の仏殿...↓(1668年、徳川家綱により再建されたもので、唐様建築の代表作だそう...)

  DSC07614.jpg

境内に菊展(!?)

  DSC07594.jpgDSC07596.jpg

さらに、境内に華道の作品も...。

  DSC07600.jpgDSC07599.jpg

御座所庭園...泉涌寺の絶景ポイント[ぴかぴか(新しい)]です。

 DSC07605.jpg

  DSC07603.jpg

 DSC07610.jpg

 DSC07611.jpg

御座所の縁側から望む庭園の眺めは、本当に美しかったです。新緑の季節も楽しめそうでした。

泉涌寺を後にして駅へ向かっている途中、運良くガイドブックでチェックしていた和菓子店「音羽屋」を発見。ランチの時間をとっくに過ぎていて、先にランチを取りたかったのですがいいお店が見つからず、先にお茶をすることに...。ここは「赤飯万寿」が名物で、ガイドブックに掲載されていた写真と同じく、抹茶とセットで(右下)。中身は甘さ控え目の赤飯でモチモチしていて美味しかったです。

お店前に市バスのバス停があることに気付き、高台寺へバスで行くことにしました。既に、2時を過ぎていました。バスに乗車中、ガイドブックで高台寺周辺でお昼ごはんを食べれるところを探し、午後遅くても営業しているお店を見つけました。

バス停「東山安井」で下車、徒歩約3分のところのお店「ひさご」というそば処。ガイドブックには、「行列ができる親子丼と人気の自家製茶そば」が有名とか。そして、親子丼の写真が載っていて美味しそうだったのですが、"自家製茶そば"の方に私は魅かれ、ガイドブックに「にしんそばも自慢」と書かれていたのを信じ、にしんそば(右下)にしました。母も同じものに...。これがとっても美味しかったです!でも、親子丼を注文している人が多かったです。それに、みんな親子丼の写真も撮っていた程でやはりここの名物なのでしょう...。 

  DSC07615a.jpgDSC07616a.jpg 

食後、徒歩で高台寺へ向かいました。徒歩5分程。

★高台寺

この坂道(左下)を見て訪れたことを思い出しました。確か7年前の紅葉の時期、夜間特別拝観で来てました。階段を上がってすぐの境内の様子(右下)。

  DSC07622.jpgDSC07623.jpg

庭の一画が可愛かったので撮ってみました...。

  DSC07625.jpgDSC07624.jpg

 高台寺からの眺め(左下)。どこの塔かしら?夕陽に照らされたもみじ(右下)。 

  DSC07627.jpgDSC07628.jpg

遺芳庵...高台寺を代表する茶席。

  DSC07632.jpgDSC07633.jpg

開山堂と観月台

 DSC07634.jpg

庭園

 DSC07635.jpg

 DSC07637.jpg

方丈前庭

 DSC07638.jpg

臥龍池

 DSC07640.jpg

高台寺を後にして、清水寺方面へ徒歩で向かいます...。

途中出遭った舞妓さん(本物の舞妓さんなのか、観光客が舞妓さんの格好をした偽舞妓さんなのかわかりませんが...。左下)と、たぶん...産寧坂(三年坂)だったかな!?(右下)

 DSC07645.jpgDSC07650.jpg

清水坂に出たところで、トイレに行きたくなって近くのカフェに入りました。

母の「きな粉アイスパフェ」(左下)と、私の「抹茶タルトとコーヒーのセット」(右下)

 DSC07651.jpgDSC07653.jpg

行き当たりばったりで入った和風カフェでしたが、食器などもお洒落だし、美味しかったです。食器は併設のお店でも購入することが出来るそう...。

清水寺にも行きたかったのですが、日中の閉園時間が迫り、清水坂は帰りの人の波が出来ていました。夜間特別拝観もありましたが、18:30~と遅く、風邪もひいていたので諦めて帰ることにしました。

帰りは、京阪四条まで徒歩で向かいました。

その途中に撮った、八坂の塔(左下)と八坂神社(右下)。

 DSC07654.jpgDSC07656.jpg

久しぶりの京都、そして紅葉を満喫して来ました。大阪から日帰りでも十分ですが、出来れば今度京都を訪れる時は1泊してゆっくりしたいねぇ~と、母と話してました。そして、食事するところの予定をちゃんと立てて、もう少しご馳走を食べることが出来たら良かったかな、と反省すべきところでした。

今回、活用したガイドブック(雑誌)↓

 LMM02965200910.jpg(KYOTO 2009 AUTUMN 紅葉スポット徹底紹介/ 成美堂出版)

紅葉の名所の写真がとても綺麗で、紅葉スポットの写真撮影時の構図の参考になります。そして、周辺のお店情報なども詳しく、別冊付録の地図もあったので、気に入って購入しました。ただ、雑誌のサイズがA4ワイド版と少し大きめで持ち歩きにはやや不向きでした...。

次回は、ボルドーの旅行記に戻ります...。今度こそ!


nice!(16)  コメント(19)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます