So-net無料ブログ作成
スウェーデン ブログトップ
前の1件 | -

スウェーデン・マルメ④ ~最終章~ [スウェーデン]

もう夕方4時近くになり、暗くなり始めてきた(11月末の北欧なので、陽が短いです・・・)ので、コペンハーゲンへ戻る為、マルメ駅へ向かいました。 

マルメ①で紹介しました、街の中心である市庁舎前広場のストートリィ広場までやってきました。ストートリィ広場の前、スーデルガータン通りにある、金のライオンが目印の獅子薬局(Apoteket Lejonet)は、創業1571年、マルメ最古の薬局で、内装は1897年以来の重厚なものだそうです

↓真ん中の細長い建物が獅子薬局。                ↓獅子薬局の正面入口

    
                                                               

ストートリィ広場は、往きに通った時とはまた雰囲気が随分違ってました。夕暮れ間近だったので、建物には照明が灯り始め、素晴らしい北欧建築と見事に調和しているように思えました。どんよりと曇っていたのが、残念でした・・・

↓再び・・・、市庁舎(明かりが灯った)です。

↓ストートリィ広場から・・・。中央は、聖ペトロ教会の塔です。右は、市庁舎。

 ↓ストートリィ広場

マルメ駅の運河を渡ったところにある、Elite Hotel Savoyは、1862年完成の建物で、エレガントなホテルだそうです。泊まってみたいホテルだけど、高そう・・・

↓Elite Hotel Savoy

やっと、マルメ散策出発点のマルメ駅に戻ってきました。こちらも明かりが灯って綺麗でした・・・。

↓マルメ駅

 

↓マルメ駅構内

 

マルメ駅でコペンハーゲン・カストロップ行の切符を買おうと券売機で悪戦苦闘していると、スウェーデン人の青年が親切にも助けに来てくれました。(最初は、怪しい人なのでは・・・と、いつも警戒してしまう私。ごめんなさい・・・)

スウェーデン・クローナ(SEK)の現金を少しばかり持ってましたが、デザインセンターのカフェでちょこっと使ってしまったせいで、5SEKほど(約100円)足りませんでした・・・。スウェーデン人青年も自分の小銭を見てくれたけれどあいにくなくて、仕方なく、券売機を替えてクレジットカードで買うことに。なんと、20分くらいのところ、片道¥2,000近くもしました。実は、往きはキセル乗車をしてしまってたんです・・・。コペンハーゲンカードが有効だと思い込んでいて、検札が来たときに発覚・・・堂々とコペンハーゲンカードを見せると、無効だとのこと。女性の車掌さんから、コペンハーゲンへ戻ったら、切符を買っておいてね、と言われました。(結局、すっかり買い忘れてて・・・。デンマーク国鉄さん、ごめんなさい!)

切符を買った後、スウェーデン人青年が、モニターでカストロップ空港行の電車を調べ、ホームまで案内してくれました。お礼を言って別れました。本当に親切な青年でした!この青年のおかげ、さらにマルメの印象も良くなりました・・・。一方で、私はこの青年を最初怪しいと思ったり、キセルしてしまったことに対し、深く反省するばかりでした・・・

束の間のマルメ訪問でしたが、いい思い出を胸にしまって、マルメをあとにしました・・・。

マルメの街よ、さようなら~~~ 


nice!(7)  コメント(11)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | - スウェーデン ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます