So-net無料ブログ作成
アート ブログトップ
前の1件 | -

☆ムンク展 [アート]

☆Edvard Munch; The Decorative Projects (2008.2.13) 

先日、神戸の兵庫県立美術館で開催されている「ムンク展」へ行って来ました。

       

   ↓ 兵庫県立美術館・エントランス側正面 

    

               ↓ 入口近くにあった広告柱(?)のポスター(表と裏) ↓

              

     ↓1F・エントランスホールとポスター(表と裏) ↓

 

       ↓ 階段とポスター

    

こうして、「ムンク展」の会場に入る前に、いくつかのムンクの作品をポスターで楽しめました。

エドヴァルド・ムンク(Edvard Munch/1863~1944)は、19世紀末から20世紀にかけて活躍したノルウェーの画家です。 『叫び』(1893年)が特に有名ですね・・・。

今回の「ムンク展」は、東京で昨年10月から今年1月まで開催されていた巡回展です。オスロ市立ムンク美術館の所蔵作品を中心に、代表作である『吸血鬼』・『不安』・『声/夏の夜』・『生命のダンス』をはじめ、全108点が出展されています。ムンクの作品は、表現主義的(孤独や不安といった感情を作品に表す)に描かれたものが多いのが特徴です。

ムンクは、人間の生死や愛、そこからもたらす孤独や不安を描いたもののうち、中心的な作品群を、<生命のフリーズ>という連作とし、「全体として生命のありさまを示すような一連の装飾的な絵画」と考えていました。そして、その作品をどのような組み合わせやどのような順序や配置で展示するのが好ましいかという、装飾性への関心も高く、試行錯誤していたようです。その様子がスケッチ画として、会場で見ることが出来ました。

さらに、ムンクの芸術とその装飾性の関心から、個人の住宅や公的建築などのプロジェクトにも生かされて、それらの作品も紹介されています。なかでも、フレイア・チョコレート工場の食堂に飾られているムンクの作品を会場の映像で見ることができ、社員食堂におけるムンクの作品の役割や雰囲気がよくわかりました。

今回は『叫び』の作品はありませんでしたが、<生命のフリーズ>の中でのパネル展示で見かけました。今までは、ムンクの『叫び』の印象が強く、暗くて重い作品ばかりかと思っていました。確かに、ムンクの人生における当時の感情や、世紀末の人々の不安を表現した重い作品も数多くありました。でも、有名な作品はその時代のものがほとんどだそうです。そして、後期には次第に明るい作品も生まれるようになったようです。ムンクの人生とその作品が描かれた時期とリンクさせて見ると、作品をよりよく理解できるように思いました。

今回見て、気に入った作品のポストカードを数枚購入しました。それらをスキャンしたものです。

   ←『絶望』(1893-94年) 

                          『不安』(1894年)→     

    ←『赤い蔦』(1898-1900年)

     『浜辺の若者たち』(1904年)→

ムンクの独特な筆のタッチや色合いなども好きになりました。いつか、ノルウェー・オスロにあるムンク美術館へ行って、『叫び』も見てみたいなぁ・・・と思いました!

さて、「ムンク展」を見終わった後、もうひとつの楽しみでもあった建物見学をちょっと・・・。

兵庫県立美術館の建物は、日本を代表する建築家・安藤忠雄氏の設計によるものです。今回、この美術館に初めて訪れましたが、目的の絵画展だけでなく、建築面でも楽しめました。

安藤氏独特のコンクリート打ちっ放しとガラスが多用されており、外観も内部も美しい建物でした。自然光が上手く採り込まれているのも、安藤建築の特徴のひとつです。展示会場はもちろん窓なしで、ずっと室内で絵画を見続けて疲れて来た頃に、採光用のガラス張りの小さい中庭が現れ、外の様子がほんの少し見ることができ、ベンチシートもあるので見学の合間に少し和める空間になっています。ちょうど私がこのガラス張りの中庭に出た時には、青空から雪が舞い散る様子が見え、ホッとひと息でき、後半の見学も疲れることなくスムーズにできました。そして、展示会場を出て、さらにミュージアム・ショップを出ると、明かりがふんだんに入るガラス張りの通路へと出ます。ここにも、ベンチシートがあるので、人待ちや少し休憩できるようになっています。このように、見学者へのちょっとした心配りができた美術館は素敵だなぁ、と思いました。

外に出て、建物全体を見てみました。この日は寒かったので、少しだけ・・・。

      ↓ 海側・階段広場と美術館

   

        ↓ 円形テラスの階段

    

 安藤氏は国内外でたくさんの建築物を設計されていますが、私がこれまでに行った「サントリーミュージアム 天保山」や「大山崎山荘美術館」も素晴らしい建物でした。 


ムンク展(Edvard Munch; The Decorative Projects)

   兵庫県立美術館

   2008.1.19(土) ~ 3.30(日)  (:休館日=月曜日

 <参考:オスロ市立ムンク美術館Munch Museet/英語)>


nice!(19)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:アート
前の1件 | - アート ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます