So-net無料ブログ作成
フランスあれこれ ブログトップ
前の1件 | -

フランス新幹線・TGV-EST [フランスあれこれ]

約1週間前の6月10日(日)、フランス国鉄・SNCFのTGV-EST(正式には、TGV-EST Européen=TGV東ヨーロッパ線)が開通しました。この開通より2ヶ月少し前の今年4月3日、フランス国鉄・SNCFのTGV-ESTの公式走行試験において、574.8km/hを樹立し、世界最高速度を更新しました。TGVとは、フランス語では"テー・ジェー・ヴェー"と発音し、"Train à Grande Vitesse" の略です(Train:列車、Grande:大きい、Vitesse:速度の意味)。ただ、営業速度は350km/hは可能ですが、当面は320km/hだそうです。

この線が開通したことで、ドイツやスイスやルクセンブルグといった隣国へも乗り入れ、パリからフランス東部のシャンパーニュ地方やアルザス地方へのアクセスがかなり(従来の半分近くの時間まで)短縮されました。たとえば、フランス東部の大都市ストラスブールへは、今まで、急行で4時間かかっていたところ、TGV-ESTでは、2時間20分へ短縮されました

私が昨年12月初めに訪れたMetz(メッス)までは、パリから旧・TGVで2時間45分かかったところが1時間25分に短縮されました。私がその時に乗車したTGVは、ちょうどこの6月10日からのTGV-EST開通に使われる新車両で、昨年秋から先に運行されていました。ただ、新車両での運行でしたが、従来の在来線の線路を走っていたので、速度はまだ遅かったです。その上、15~20分の遅れでした!(フランスでは、よくあることです・・・!)

↓昨年12月、Metzからの帰りに乗ったTGV(終点のパリ東駅で撮影

以降は、インターネットからTGV-ESTetc...に関する画像を拾い集めてきたものです。 

↓TGVの頭同士が連結されてる様子(向き合ってて、ほのぼのと可愛い感じです...♪)

↓TGV-EST Européenのロゴマーク(すっきりとかっこいいです!)  

↓TGV-EST Européenの路線図(パリ東駅からの所要時間)

 

TGV-EST Européenの新車両の内装デザインは、フランス人デザイナーのクリスティアン・ラクロワワ氏(Christian Lacroix)が手がけたそうで、かなりモダンでお洒落な感じです

↓2等車両の内装(パープルとオレンジのシート)

  

↓4人掛けのシート                 ↓シート番号の表示もお洒落です・・・!  

往きは2等車に乗車しました(20€=当時、約¥3,100)。私のシートは、数少ないオレンジでした。(なんとなく、ラッキー!)

↓1等車両の内装(グレーと黄緑のシート)   ↓バー(食堂)車両

 

帰りは、1等車の一人掛けシートに乗車しました(35€=当時、約¥5,400)。シートが2等席に比べると広く快適でした。そして、途中、バー車両へ行き、カフェを買って飲みました!

TGV-ESTの内装と同じく、制服もクリスティアン・ラクロワ氏のデザインに変わりました(左下の写真)。グレーとパープルの組み合わせはお洒落っぽいですけど、どことなくレトロっぽいイマイチな感じもします・・・。何故だろう?帽子かしら・・・?私がいつも利用しているエールフランス航空の制服も、2年前くらいから、同じくクリスティアン・ラクロワ氏のデザインです(右下の写真)。スチュワーデスの制服、スーツが濃紺で、中に淡い水色のブラウスと同色のシフォンスカーフで上品でお洒落な感じです。写真ではわかりにくいのですが、ブラウスの袖口がお洒落なデザインなのと、シフォンスカーフのふんわり感が可愛く、私は気に入ってます。この同じスカーフ欲しいなぁ~

 

さてさて、来月の旅行で、ランス(Reims/フランス北部の街)へ2泊するのですが、その時に、この開通したばかりのTGV-ESTに乗車します。パリからは、TGVで45分です。チケットは、インターネット(SNCFのサイトから・・・)で既に格安で購入済みです!ちょうど"開通記念キャンペーン"をしていて、1人片道たった10€(約¥1,650)、往復共に友達分と2人分無事GETしました~!ちなみに、ストラスブールなどへの長距離(新大阪~東京間とほぼ同時間)は、たった15€(約¥2,500)です!乗車3ヶ月前の同日から販売開始で、今回のキャンペーンは8月末頃迄の限定だそうです。

SNCF(フランス国鉄)のサイトでは、TGVやThalys(タリス)やその他急行などのチケット、ホテル、航空券、パッケージツアーetc...がクレジットカード払いで、インターネットから簡単に購入できます。年中、何かのキャンペーンをしていて、電車のチケットは普段でも早期購入ならかなりお得です!私は、いつもSNCFのサイトから格安で購入しています。そして、出発直前には売れ残っているチケットをお得に買えるシステム(Dernière Minutes:"最後の瞬間"という意味!)もあります。いつも早目に計画を立てる私は、まだこちらのシステムで購入したことがありません。

乗車時には、自分でプリントしたチケットとパスポート(身分証明の為)を持って行き、チケットに表示されている車両番号のシート番号に座ればOKです。ほぼ必ず、車掌が車内検札に回ってくるので、その際にプリントしたチケットとパスポートを見せれば大丈夫です。その時に、名前と生年月日(チケットをプリントアウトする前に入力します)は念入りにパスポートと照合されますので、間違っているとチェックされます。

↓来月の旅行で使うチケット(ちょっと見えにくいですが、ざっとこんな感じです・・・)

このチケット、細部まですご~くよく出来ています。出発日、発着駅名、利用者の名前・・・が字模様(この画像からは、見えませんが・・・)になってるんです!不正コピーなどの悪用防止の為だと思います。右側の人の顔は、男性と女性の2バージョンがあります。利用者の性別に関わらず表示されてるようです...。こちらは、男性バージョンでした!

そういえば、JR東海の新幹線、7月1日からN700系が運行されるようですね~。何度かCMで見ました。新型車両が導入されるのはいいですけど、SNCFのように、もっとチケット代を値引きして欲しいものです・・・(Mimosaの切実な願いです!)。  


★SNCF(フランス国鉄)のサイト:voyage-sncf.com (英語サイトあり)

                    :TGV EST EUROPÉEN (英語サイトあり)


nice!(10)  コメント(23)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | - フランスあれこれ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます