So-net無料ブログ作成
世界遺産 ブログトップ
前の1件 | -

プラハ~カレル橋~ [世界遺産]

<2007.11.22>

カレル橋Karlův most<世界遺産 

カレル橋を早く渡りたい気持ちを抑えて、その前に、橋のたもとの建物などを見てみることに・・・。

まずは、カレル橋を背に、旧市街側正面にある、クレメンティヌム*の聖サルヴァートル教会(Kostel sv.Salvátora:1601年建築、プラハで最初のイエズス教会)のファサードです。

            

*クレメンティヌムとは・・・、1556年にイエズス会の修道院として創建され、ハプスブルク家の手厚い保護により、2ヘクタールの敷地に3つの教会、礼拝堂、図書館に黄道、天文台、出版局などが次々と建設され、プラハではプラハ城につぐ巨大な複合建築となった。現在は、図書館として利用されており、550万冊の蔵書を誇っている。

カレル橋を正面にして右側にある、聖フランティスク教会(Kostel sv. František:左写真)と、その横にあるカレル4世像(右写真)。

                    

そして、カレル橋のすぐ手前には、旧市街側の橋塔です。塔の中程、左からカレル4世、聖ヴィート、ヴァーツラフ4世の像があります。この橋塔は、1400年にペトル・パレーシュによって建設された美しいゴシック建築の門塔です。当時は、通行料を徴収したり橋を守る為に建てられたもので、現在では一般に開放され、塔の上からカレル橋を眺めることができます。私は橋塔には登らなかったのですが、nackさんのブログで橋塔からの眺めを見ることが出来ますので、ぜひ訪れてみてください。→雪景色で綺麗ですよ~♪

                 

この橋塔をくぐってみると・・・、アーチ部分の内側天井は、国章や紋章(?)など描かれていました。

              

いよいよ、ここからカレル橋を渡ります・・・!

その前に、カレル橋について・・・。ヴルタヴァ川にかかるプラハ最古の美しい石橋です。現存する橋は、1357年、カレル4世の命により、聖ヴィート大聖堂を建てたペトル・パルレージュの指揮のもとに建設が開始され、1402年のヴァーツラフ4世の時代に完成しました。ゴシック様式の橋です。全長520m、幅約10m。両側の欄干に各15体ずつ計30体の聖人像が並んでいるのは、17世紀から19世紀にかけて作られたもので、その多くはバロック様式のものが多いようです。これら30体の聖人像は、聖書から題材を取ったり、歴史的な聖人や英雄をモデルにしています。そして、この橋は、火薬塔からプラハ城へと続く"王の道"の一部でもあり、またプラハ歴史地区の世界遺産の登録建築物でもあります。

残念ながら、カレル橋上から橋全体の写真を撮ってなかったようです。自由人さんのブログで橋全体の様子を見ることが出来ますので、ぜひ訪れてみてください。→青空がバックで綺麗ですよ~♪ 聖人像は、歩きながらひと通り30体全部撮ってみたのですが、最後の方3~4体は、工事中で足場が作られていて見づらいものもありました。ここで、聖人像の幾つかを紹介しましょう・・・。

ブロンズの十字架像: ここには、14世紀から木製の十字架が建っていたところでした。現在の像は聖人像の中でも最古です(1629年作)。その後、この両側に聖母と聖ヨハネの石像が建てられました(1861年作)。 

                 

聖フランシスコ・ザヴィエル像: 日本でも馴染みの深い"フランシスコ・ザヴィエル"で、彼の布教した東洋の人々が聖人を支えています(1771年作のコピー、1913年作)。

                

聖ヤン・ネポムツキー像: このカレル橋上で最も有名で人気のある、プラハ殉教者、"聖ヤン・ネポムツキー"のブロンズ像です(1683年作)。

                

この"聖ヤン・ネポムツキー像"の下にある銅板に手を触れると幸運が訪れる・・・と言われているらしい。

                

ほら、絶え間なく手で触れられているところは、こんなにピカピカ・・・!(ブリュッセルのグラン・プラス横「星の館」にある、"セルクラース像"もみんなに触られてピカピカでした!)

                    

もちろん、私もせっかく来たので順番を待ってでも、触れておきました。幸運・・・!?まだ訪れてないようです!

聖人像30体全部は紹介し切れないので、その他の聖人像で幾つかピックアップしてみました。

      

1.聖イヴォ像 2.聖母と聖ドミニクス、トマス・アクィナス像 3.聖バルバラ、聖マルガリータ、聖エリーザベト像 4.聖ヴィート=ヴィトゥス像 5.聖母と聖ベルナルドス像  6.聖ウィンケンティウス・フェレリウスとプロコプ像 (列記してみましたが、私はどの聖人も知りませんでした・・・。)

カレル橋からの眺め(下の写真のNo.1~4は、橋の南側、東~南~西の順)です。

      

前回のブログでも触れていた"スメタナ博物館"。橋の上からの眺めに写ってました(のNo.1の写真をトリミングしたものです)。上部の壁は、美しいスグラフィット装飾です。

                   

今度は、カレル橋上からのプラハ城の眺め(橋の北側、西方向)。左側には"聖ヤン・ネポムツキー像"です。

   

プラハ城をズームにすると・・・。        

      

橋の上では、ストリートパフォーマーや音楽隊などが・・・。この赤いジャケットに蝶ネクタイ、麦藁帽のおじさん、ガイドブックにも載っていましたが、カレル橋の名物パフォーマーだそうな・・・。

               

お土産ものも売っていたり・・・。プラハの天使?素朴で可愛い~♪お店は無人のようでした...!

       

カレル橋の聖人像の後ろ(写真中央下方)に、剣を持って立つ騎士の像は、プラハを守る伝説の騎士"ブルンツヴィーク"です。 

     

カレル橋から見下ろす、ヴルタヴァ川の中洲"カンパ"の様子。美しい景観でした・・・。

      

カレル橋から眺めた"チェルトフカ"水路。水路の奥の黒いのが、水車です。"チェルトフカ"とは、「小悪魔」という意味で、ヴルタヴァ川が氾濫すると、水車小屋に住むこの「小悪魔」の仕業だ、と言われていたそう・・・。

      

カレル橋を渡り終えて、マラー・ストラナ側の橋塔です。

                  

カレル橋を渡り、マラー・ストラナ地区までやってきたところです。この日の最終目的地、"プラハ城"まであともう少し・・・。日が暮れかかってきたので、先を急がなきゃ・・・!! 


★カレル橋


nice!(20)  コメント(17)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行
前の1件 | - 世界遺産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます