So-net無料ブログ作成

ドルマバフチェ宮殿とタクシム広場~イスタンブール① [Istanbul]

イスタンブールへ到着したのが深夜だった為、翌朝は少し遅めに起床[時計]、このホテルでの一番の楽しみである朝食[レストラン]をとりに行きました。私達の部屋は4階で、朝食は最上階(6階)へ。

友人がこのホテルを選んだ理由が、ホテルのテラスで朝食を食べながら、イスタンブールの景色を満喫できる・・・[ぴかぴか(新しい)]ということで、私もとても楽しみにしていました[るんるん]

あいにくテラス席は埋まっていたので中で食べました。食後、テラス席が空いたので写真を撮ってみました[カメラ]

左側に、アヤソフィア↓    右側に、スルタンアフメット・ジャーミィ(ブルーモスク)

 DSCF0069a.JPGDSCF0068a.JPG

ホテルのテラスからのパノラマ(120°)はこんな感じ・・・

 DSCF0072a.JPG

晴れていたら、すごくいい眺めだろうなぁ...。ちょっと残念でした[たらーっ(汗)]。あと4日チャンスがあるので、そのうちいいお天気の日にテラス席で朝食をとれることを願って・・・[グッド(上向き矢印)]。(実は、2日目以降ずっとその機会に恵まれました。また後日に紹介予定・・・)

出かける前から小雨[小雨]が降り出したので、この日は屋内で時間が潰せるドルマバフチェ宮殿へ行くことにしました。

ドルマバフチェ宮殿へはトラムヴァイ(T1)を使い、ホテルの最寄り駅である"スルタンアフメット"から終点駅の"カバタシュ"へ・・・(所要約15分)。そこからは徒歩で向かいます。

トラムヴァイを降りるとすぐ近くに海が見え、海沿いに行ってみました。この頃は雨[雨]もかなり降っていて、船[船]の向こうに見えるはずのボスポラス大橋も霞んで見えないくらい・・・↓。左側の建物がドルマバフチェ宮殿です。

 DSCF0074a.JPG

手前にこじんまりと佇む美しいモスクがありました・・・↓。

 DSCF0075a.JPG

そのモスク(↑)に寄ってみました。このモスクの名称は、"ドルマバフチェ・ジャーミィ"。トルコで、"ジャーミィ"とはイスラム教寺院(=モスク)のことをいうようです。

イスラム教のモスクはどこでも、女性は頭にスカーフを巻かないと入れません。スカーフはモスクでも貸してもらえるのですが、いろんな人に使い回されるので気持ち悪いし臭かったりします。なので、今回の旅行ではそれ用にスカーフを持って行ってたのに、この日はあいにくホテルの部屋に忘れて来てしまい、仕方なく借りることに・・・。やはり、臭くて気持ち悪かったぁ~[ふらふら]

モスクの内部(↓)は狭いながらも窓がたくさんあるので明るく、中央には豪華なシャンデリア[ひらめき]がありました。

 DSCF0078a.JPGDSCF0081a.JPG

モスクを後に、もう少し歩くと、ドルマバフチェ宮殿の入口に到着[ダッシュ(走り出すさま)]。まず、手荷物のセキュリティ・チェックを通ります。チケット売り場に続く、長い列が出来ていました。雨[雨]の中、並ぶこと約30分。

チケットを購入すると、左↓写真の門の横を通り、さらに右↓写真のアーチをくぐると・・・

 DSCF0084a.JPGDSCF0085a.JPG

美しい庭園と、その向こうにあるのがドルマバフチェ宮殿[ぴかぴか(新しい)]

 DSCF0086a.JPG

現在のドルマバフチェ宮殿は、19世紀中頃に建造されたヨーロッパ・バロック様式の絢爛豪華な建物。トプカプ宮殿から王宮を移し、ここでは6人のスルタンとその家族が暮らしていたそう。

宮殿の入口前でもさらに15分くらい並び、いよいよ宮殿内部へ・・・。準備された靴のカバー(ゴムがついたビニール)をかぶせ入りました(雨で靴底が濡れたり汚れているので、宮殿内の絨毯を汚さないようにするためでした...)。約20人くらい1グループとなって、英語を話すガイドさんについて回りました。宮殿内は、残念ながら写真撮影禁止でした[たらーっ(汗)]

宮殿内部は、43のホールと285の部屋と6つのハレムがあります。そして、男のみ入れる"セラムルク"と、男子禁制の"ハレム"と見学も別々になっています。まずは、セラムルクの見学から・・・。ここには大きなホールがいくつかあり、見学最後に訪れたホールにはバカラ製で重さ4.5tのシャンデリア[ひらめき]が吊られていたり、他にも豪華な調度品や名画がたくさんあり目を惹きつけられました[ぴかぴか(新しい)]。セラムルクの見学が終わり、別の入口からハレムの見学も・・・。ここでもガイドさんが説明してくれながら見て回りました。セラムルクを見学した後では、ちょっと質素な感じがしました。

見学後、裏庭の様子↓。まだ雨[雨]が降っていました・・・。

 DSCF0088a.JPG

遅めのランチ[レストラン]を食べに、イスタンブールの繁華街でもあるタクシム広場へ向かいました。

カバタシュ駅まで徒歩で戻り、そこからフニキュレル(地下ケーブルカー:左↓)でタクシム駅へ(所要1分)

 DSCF0090a.JPG

タクシム広場(↓) 中央に立つのは、トルコ革命の勝利を記念する、「共和国記念碑

 DSCF0092a.JPG

タクシム広場は新市街の中心地の高台にあり、そこから南へ下る通りがイスティクラール通りといい、イスタンブール随一の繁華街です。約1.5km続くイスティクラール通りは、レトロな路面電車が走っていて歩行者天国になっています。

既に午後3時過ぎ、ランチの時間を逃してしまい、イスティクラール通り沿いにあったスイーツ専門店『サライ・ムハレビジシ』に魅かれたので、ちょうどティータイム[喫茶店]として入りました。

メニューを見てもどんなスイーツかよくわからず、ガイドブック『地球の歩き方』に載っているスイーツと照らし合わせながら注文しました。下記の2種類のスイーツを友人と2人で半分ずつ味わいました。

 ギュルラッチ                          カザンディビ

 DSCF0099a.JPGDSCF0101a.JPG

"ギュルラッチ"は、牛乳とバラ水で作られたスイーツ。ラマダンの風物詩だそう。"カザンディビ"は、もちもちとした食感の牛乳の焼き菓子。飲物には、チャイ(=紅茶)を・・・。

"ギュルラッチ"は、微妙な味でした。食べれなくはなかったけれど・・・。私はバラ好きなので、バラ水の香りと味を期待していたのですが、全くバラの香りも味もしませんでした・・・[たらーっ(汗)]。ただの甘い牛乳で出来たお粥みたいな感じかな。

"カザンディビ"は、お餅みたいに伸びてミルク風味で私は好きでした。ちょうど、先日(前々回)のTBS「日立 世界ふしぎ発見!」のトルコ特集で、この"カザンディビ"についてのクイズが出題されていました。スイーツの中に繊維質の物が入ってるが、これが何かという三択の問題でした。鶏肉、ホタテ、あと1つ何だったか忘れましたが・・・。答えは・・・、鶏肉でした。もちろん、私は正解を知っていました[手(チョキ)]

でも、それを食べている時は全く知らず鶏肉の味も全くしなかったのですが、食べ終わった後に、友人が持っていたガイドブックに載っていて教えてくれました。こんなスイーツに鶏肉の繊維質が入ってるなんて・・・、意外で驚きでした[目]

このスイーツ専門店のガラス越しに・・・↓。甘~いスイーツがたくさん並んでいて美味しそう...[揺れるハート]

 DSCF0102a.JPGDSCF0104a.JPG

少し休憩して、スイーツでお腹も満たされました[かわいい]

日曜の夕方5時頃、雨も止んだので、タクシム広場を離れ、ボスポラス大橋のたもとで海沿いにある小さな街"オルタキョイ"へ行ってみることに...[るんるん]

次回へ続きます・・・。 

ちなみに、イスタンブールはココ・・・↓

 
大きな地図で見る


nice!(18)  コメント(15)  トラックバック(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 18

コメント 15

gon

素晴らしい景色を眺めながらの朝食、いいですね~
お天気バージョン、楽しみにしてます☆
by gon (2010-10-28 16:19) 

rinochi

アヤソフィアとブルーモスクには行きました。遠くからこうして見ると荘厳ですごく綺麗なモスクですね。スィーツはめずらしいものがありそうですね~。そしてトルコと言えばチャイですね(^^)トルコはイスラムと言えども、宗教はゆるいので観光客にはあまり違和感がないですね。でも街歩きをすると、ところどころ、やっぱり雰囲気はイランに似ていてるところがあるな~と思った記憶があります。
ブルーモスクでは入り口でやはりレンタルでチャドル(頭から足まですっぽりと身体を隠す布)を着た記憶があるのですが・・・。記憶違いだったかしら・・・?今後のお話が気になります(^^)
by rinochi (2010-10-28 22:56) 

めぎ

朝からテラス席の争奪戦が繰り広げられそうなホテルですねえ♪
ドイツにはトルコ系のお店がいっぱいあって、そこでトルコ人向けにお菓子もいっぱい売られているのですけど、見てもなんだか分からないものが多いです。何度か食べてみましたが、甘くて私にはギブアップでした。
行ってみたいな~と思いながら、しばらく機会も無さそうなのでこちらで楽しませていただきます♪
by めぎ (2010-10-29 01:50) 

mint_tea

トルコの宮殿、雨の中45分行列&セキュリティチェック&靴カバーとは結構きちんとしたところなんですね~。日本の寺院だと靴脱がなきゃだめなのでどっちがいいかな?モスクのスカーフもレンタルは確かにちょっと匂いが気になりそうです。でも曇ってても素敵ですね。不思議な異国情緒のある国っていうイメージです。スイーツは相当甘そうに見えます~。ところで地図を見ると、私の認識が間違ってました。トルコってこんな位置関係だったのね^^;
by mint_tea (2010-10-29 19:45) 

Mimosa

★gonさん・・・
2日目以降はテラス席で朝食をとれたのですが、いいお天気の日はまぶしくて暑くって・・・!でも、素晴らしい景色を満喫しながらの朝食は気持ちよかったですよ~♪

★りんこうさん・・・
いつもnice!ありがとうございます~。

★rinochiさん・・・
ブルーモスクはイスタンブールのシンボル的存在で、私が一番に見たかったところです。それを、ホテルのテラスから見ることが出来るなんて贅沢な気分でした・・・。
トルコのスイーツ、種類は豊富ですがイマイチでした!アップルチャイ、美味しかったですよ~。
トルコはイランの雰囲気に似てるのですね。私はもっとイスラムっぽい雰囲気を期待していたのですが、ヨーロッパの国々とあまり違和感がないように思えました。
ブルーモスクでも、貸出はスカーフだったような...。ここでは、自分のスカーフを着用しました。チャドル、一度着てみたいです~♪

★rebeccaさん・・・
いつもnice!ありがとうございます~。

★あんぱんち~さん・・・
いつもnice!ありがとうございます~。

★めぎさん・・・
テラス席の争奪戦といっても普通は穏やかなのですが、一度凄いのを見てしまいました~。イギリス人夫婦(たぶん...)の太ったおばはん・パワーに呆然...。詳しくは、また後日のブログ上で・・・。
ドイツでもトルコのお菓子売ってるのですね~。私もこの2種類以外は甘過ぎてダメでした!友人は好みだったようで、お土産にたくさん買ってましたよ。

★mint_teaさん・・・
ビニールの靴カバーは、いいアイデアだと思いました!外に出ても雨だったので、敷地内ではそのまましばらく履いたままの人もいました。私も...。モスクでは日本の寺院と同様、靴は脱がなきゃダメでした。これまた、面倒だし、気持ち悪いし・・・。
スイーツはシロップ漬けのものが多く、かなり甘いです!
異国情緒を求めて訪れてみたのですが、ヨーロッパに似た雰囲気でした。地理的にもほぼヨーロッパだし...。mint_teaさんはどの辺りだと思われてたのかしら???

★ヨシさん・・・
はじめまして。nice!ありがとうございます~。
by Mimosa (2010-10-30 11:57) 

通りすがり

上のデザート、カザンディビはもしかしてタヴック・ギョウズとは違いますでしょうか?
カザンディビは
http://cookpad.com/recipe/530820
こちらのようにもちもちしているけれど鳥胸肉は入っていないようです。
by 通りすがり (2010-10-30 19:35) 

Mimosa

★通りすがりさん・・・
ご訪問&コメントありがとうございます。
ちょっと調べてみたところ、カザンディビはタヴック・ギョウズを焼いて表面に焼き色をつけたものだそうで、一般的にはどちらも鶏胸肉が入ってるようです...。
教えていただいたレシピのように、鶏胸肉なしでも出来るのですね。今度作ってみようかしら...♪
by Mimosa (2010-10-31 15:35) 

Bonheur

そうですね、スカーフ携帯必須ですね!覚えておかなくちゃ。
景色が神秘的です。お天気が曇りなのも、また荘厳な感じがして逆に素敵な感じです。ケーブルカー、モノレールみたいで現代的ですね。
イスタンブール、埃っぽいと聞いていたのですが、そんな風に見えず、なんだか、過ごしやすそうで、やっぱり良いなあと思いました。
by Bonheur (2010-10-31 20:06) 

Mimosa

★Bonheurさん・・・
モスク見学には、スカーフは持参した方がいいですよ~。もし忘れても、バザールやお土産屋さんで安く売っているので、旅行中のモスク見学用として1つ購入してもいいかもです!
曇り空ばかりで、地味なブログになってしまいました。そのうち、青空も出てくると思います!
イスタンブール、そんなに埃っぽくはなかったですよ。ただ、夏の終わり頃でもあり、地下通りやバザールなど人で密集しているところは蒸し暑く少し不快感はありましたけどね...。季節にも依るのかなぁ。
by Mimosa (2010-10-31 22:35) 

自由人

一枚目のお写真、立派なモスクの遠景ですね。
おわんのように綺麗なドームととがった鉛筆のようなミナレットを見ると、
イスラムの国なんだなということを実感します。
モスク入場の話題は自分のブログでも少し触れましたが、ココでは入場OKだったのですね。
手の届きそうに低く垂れ下がってる豪華なシャンデリア・・・・贅を尽くしてる~~
宮殿内部もこんな風に豪華だったのでは??と想像しています♪(撮影NGが残念)
トラムや地下鉄、美しい町の風景を見ると、イスタンブールは近代的な町のようですね。
PS・・僕のブログで、トルコ編をさらっとご紹介させて頂いてよろしいですか(^_^;
by 自由人 (2010-11-01 10:26) 

Mimosa

★piさん・・・
いつもnice!ありがとうございます~。

★自由人さん・・・
イスラムのモスクはドームとミナレットのセットが特徴的ですよね。モスクは、国(宗派?)によって違いがあるのも興味深いところです。そんな建物を見るのが旅の醍醐味です!
宮殿はとても豪華でしたが、写真が撮れなかったのが残念です。シャンデリア、灯るともっとキラキラと美しいでしょうね・・・。
そういえば、昨日イスタンブールで自爆テロで約30名負傷...というニュースを今日見て驚きました。なんと、その場所が↑に写真掲載していたタクシム広場で、旅行中ほぼ毎日ここを行ったり来たりしていたのに・・・。自分が行って来たところで、美しい街だけに、とても残念に思えました!
どうぞ、どうぞ、自由人さんの旅博・トルコ編でぜひご紹介下さいね~♪

★Krauseさん・・・
いつもnice!ありがとうございます~。
by Mimosa (2010-11-01 23:55) 

kakasisannpo

イスタンブール 

ホテル テラス席からの素敵な眺めを見ながらの朝食は羨ましい。


by kakasisannpo (2010-11-02 15:28) 

kazu-m

尖塔の多さが目に付きますね。
写真のせいか、緑や赤もとても強い感じです。

あら~、せっかく持っていったスカーフホテルに置き忘れちゃったんですか。

僕は、スイス用に用意したアンダー、成田に着く前に行き忘れちゃいました。

ギュルラッチ"と"カザンディビ"、僕の胃袋では、十分軽食です。
by kazu-m (2010-11-03 08:05) 

Mimosa

★kakasisannpoさん・・・
テラス席からの眺めが素晴らしく、毎朝、朝食が楽しみでしたよ~♪

★kazu-mさん・・・
イスタンブールの街では所々で尖塔が目につきましたよ。ブルーモスクの尖塔は、建設時に数を間違えたとかで多くなったという話ですが・・・。
1日目は天気が悪く地味な写真が多かったからか、庭園の植物の赤や緑が鮮やかに見えるのかもしれませんね~。
トルコの不思議なデザートを味わったこと、今となってはいい思い出です☆

★PENGUINGさん・・・
はじめまして。nice!ありがとうございます~。

★SORIさん・・・
nice!ありがとうございます~。
by Mimosa (2010-11-07 22:55) 

添え状の書き方

とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。。
by 添え状の書き方 (2012-12-19 14:47) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます